Loading

お知らせ

「デジタル化の波に乗り遅れないためのデータ構築・活用手法とは」の勉強会のご案内(主催:当研究会)

こんにちは。今日は当研究会が令和3年2月19日(金)午後3時~ 建団連会館8階で実施する「デジタル化の波に乗り遅れないためのデータ構築・活用手法とは」の勉強会のご案内です。

新型コロナウイルスの影響で働き方改革を余儀なくされて困惑している中小企業が多い中、更にデジタル庁が新設されデジタルトランスフォーメーションを推進し、仕事の在り方までを変えることを求められています。デジタル庁が取り組もうとしているデータ活用、デジタルトランスフォーメーションを、国をあげて取り組む中、建設・不動産業界においてもその波がきており、各企業に対応を余儀なくされる傾向にあります。勉強会では「Sansan株式会社 Sansan事業部 西日本営業部 後藤 宙(ごとう ひろし)氏」にお越し頂き、デジタルトランスフォーメーションとは何か、その推進にあたり何が重要であり、何をしていくべきかを事例を踏まえながらご説明頂きます。少し難しいテーマになりますが、今後会社を経営していく上で避けては通れない課題になりつつありますので、是非ご参加して頂き知識を深めて頂けると嬉しく思います。
当研究会の会員でない方もご参加して頂けますので、参加希望の方は事務局迄ご連絡くださいね。

※デジタルトランスフォーメーションとは…DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル技術をフル活用しながら、これまでにない製品やサービス・ビジネスモデルによって新たな価値を創出し、市場での優位性を確立する取り組みを指しています。単に業務をIT化するというレベルの事業改革ではなく、経営活動の基幹となるビジネス形態の根本的な見直し、さらには組織や制度、企業風土に至るまで、企業全体をデジタルが活用できるように変革していく総合的な対応のことを意味します。

PAGE TOP